忍者ブログ
 
戯曲の講読、上演許可の連絡などは office白ヒ沼 までどうぞ。
2019.08│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
HN:
白ヒ沼
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
フリーエリア
北見の夜


劇作家としての幸せをいやおうなくかみしめる夜。一年にそんなに何日もないような無条件な幸福感。
劇団動物園「ホテル山もみじ別館」。私が北海道の地で、北見という町で活動するアマチュア劇団の皆さんに書き下ろした作品が、上演されたのだ。立ち会った私。
http://homepage.mac.com/nyaruha/bane/

……もう疑いもない充実。感動。全部で12場ある芝居だが、4場あたりから泣けて泣けて。人は別れを予感して愛しあう。人は存在をかけて人を求める。その存在のいじらしさ、かわいらしさは、きっと人なら誰もが持っている感覚器官に由来する感じ方なのじゃないだろうか。役者さんたちが見事に立体化していた。演出は的確に時間をコントロールし、空間はシンプルに美しいもみじを想像させてくれた。
来週が自分の演出する作品、演劇ユニット昼ノ月の12人出演する芝居「これは白い山でなく」の本番が京都であるのに、その直前なのに、今北見にいる。去年から決まっていた予定だから稽古をすっぽかして役者たちに「ごめん」って心の中でわびながら来ている心苦しさが、申し訳ないくらいどこかに……

「ホテル山もみじ別館」は今日、そして来週まで上演される。いくべきだ。全国どこからでもいって目撃するべきだ!と主張するのに迷いはない。
初日のうちあげにでて、お茶のんで、語り、外に出たら、空気は白かった。遠くまで来てるんだ、と感じた夜。幸福感を演出するのにこのまちは白い空気を使う。やられた。そんな夜。幸せをいやおうなくかみしめる夜。一年にそんなに何日もないような無条件な幸福感。


オホーツク海までもうちょっと。日本海でも太平洋でもない、そういう海につながる土地。





PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.55No.54No.53No.52No.51No.50No.49No.48No.47No.46No.45