忍者ブログ
 
戯曲の講読、上演許可の連絡などは office白ヒ沼 までどうぞ。
2018.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5
8 9 10 12 13
14 15 16 17 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
HN:
白ヒ沼
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
フリーエリア
原爆先週末、行ってきた。
3ヶ月かかったワークショップが終わって。
どうしたことだろう、とんでもなく熱心な人たちに出会って。それはまるで別世界の非日常で。
受講生の皆さんもふわふわした感じで過ごしたんじゃないかと思うのだけれど、
もちろん私も地に足のつかない感じで熱に浮かされ。

そのなかのひとこま。

車座になって30名弱の役者たちが座る。その取り囲む中で二人の役者が演じてみせる上演会。素舞台、照明は天井の室内灯。役者はジャージ。
「純喫茶マツモト」という長い芝居の一場面、40分ほどの上演が行われた。
ああ。見せてあげたい多くの人に。このぜいたくな時間。
切ない、ぎりぎりの人がそこにいる、演じている役者がその役になっているのか、その役はその役者が勝手にそう変えてしまったのか、もうそこには役者以前の「人」がいた。――演技の理想じゃないか?!
泣いてしまった。ああ。なんていうことだ。
こんな規模の、こういうささやかな空間に、こんな奇跡は時々起こる。

役者、すばらしい!彼らがほとんど未経験者だなんて信じられない。信じたくない。
いい台本書くよな。誰だこれ?あ。俺か。ってきづけるときのこの幸せ!

いい気なものです。いや、幸せはこういうときにかみしめればいいのだと思います。
上演した二人もすごかったけれど、それを実現させる空気を作っていた多くの他の人たちにも、その頑張りにも拍手を送りたい。

ああ。あれを京都に持ってこれないのかな。とつぶやく帰り道。
朝まで打ち上げたあと、炎天下の広島の川沿いを歩いたら、原爆ドームに来ていた。
鮮烈な衝撃は、やっぱり唐突にやってきて。
この建物の残骸の衝撃はやはり小さくない。

戦争はいらない。
生活の必然がきっとそのまま曲がりくねったら戦争にたどり着いたりするのが悲しいこの人間の必然なのかもしれない。けれど、それじゃ、生活には演劇はいらない。と断言しよう。
そして、生活の必然にはないものこそ、人間の宝なのだ!と主張しよう。
宝のような演劇をみた後では、そういう演劇活動の熱さに接した後では、自信を持ってそう言える。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
鈴江ワークショップ終了―「いつもな」日々へ
広島での鈴江ワークショップに参加しました。有意義な3ヶ月でした。
URL 2008/07/14(Mon)01:11:10
俳優モードで!
先日終わった演技講座。その後も、講師の鈴江俊郎氏の教えのとおり、毎日、修行としての朗読を欠かしていません。自分の中に、役者魂みたいなものが、違和感なく確かに存在して、発芽を待っていたような・・・。(*^。^*)それにしても、演技講座を受講したおかげで、「俳優...
URL 2008/07/15(Tue)15:23:28
←No.47No.46No.45No.44No.43No.42No.41No.39No.38No.37No.36