忍者ブログ
 
戯曲の講読、上演許可の連絡などは office白ヒ沼 までどうぞ。
2019.06│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
16 18 19 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
プロフィール
HN:
白ヒ沼
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
フリーエリア
kkeのき
山を歩いていると、これぞ長い時間、というようなものを目にする。
長い時間、というものは視覚で感じることではなく、どこで?目じりのしわで?記憶のあいまいさで?はかるものかもしれない、いやはかりようのないもののような気がするのだけれど、この木は、びっしりと時間を身のまわりにはりつけている。こけ。濃厚なこけ。こんなこけの木が、しばらくの間続く原っぱを歩いた。時間を歩く、っていうのはこういう感じだろうか。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.119No.118No.117No.116No.115No.114No.113No.112No.111No.110No.109