忍者ブログ
 
戯曲の講読、上演許可の連絡などは office白ヒ沼 までどうぞ。
2019.09│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
プロフィール
HN:
白ヒ沼
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
フリーエリア


ひとつき前に、今教えてる大学の卒業生と会った。台本を書くから読んでくれ、という。おお。読んであげるよ。今どんな本読んでるの?ときく。
いや、特にこれといって。
と彼。
じゃ今までどんな台本読んだの?
と私。
いや、特にこれといって。
と彼。
そんなんじゃいい台本なんて書けないだろ。100本読んでからだよ。台本書くのなんか。
と私。
○え。そうですか。じゃ読みます。すいません。
●おお。そうしようよ。
○いつまでに読んだらいいですか?
●そりゃ、君が読める頃でいいよ。
○じゃ、来月の今日。
●え。一ヶ月で?100本?
○無理ですか?僕早く書きたいんです。書けるようになりたいんです。
●わかったわかった。じゃ来月な。来月会おう。

……で、一昨日。彼はやってきた。
100本読んだ、というリストを持って現れた。
驚いた。そんなこと、やってしまう奴がいるんだ。
愚直、とはこのことだろう。しかし、愚直は直、の一種だ。
直球が速いことはエースの最低条件なのだ。
しばらく、自分の中で流行しそうな気配がする。
「100本読もう。そしたら、」

写真はお城の天守閣から見た街。
気持ちが広くなる爽快。







PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.124No.123No.122No.121No.120No.119No.118No.117No.116No.115No.114