忍者ブログ
 
戯曲の講読、上演許可の連絡などは office白ヒ沼 までどうぞ。
2019.06│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
16 18 19 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
プロフィール
HN:
白ヒ沼
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
フリーエリア
スプレー缶上品芸術演劇団「さなぎ」の公演は無事終了しました。ありがとうございました。
しかし無事、と言ってよいのか。たたき、仕込み、バラシ、と作業に告ぐ作業の日々の間に行われる本番。すっかり指先もてのひらも木材の破片が小さく刺さって穴だらけ。抜いたあとだらけ。指先をインパクトドライバーで間違ってぐりぐりしてしまって皮膚が破れ、その皮膚が硬くなって、……こうやってキイボードをたたく指も痛いのです。
嵐のように上演は終わり、とおい日にみた夢のようにしか思い出せない今日なのに、指先のジンジンしみる痛みだけは、なまなましくお芝居がたった昨日の出来事だったと私に教えます。
風のように流れて消えてしまうのが上演。消えてしまうのが演劇の作品。
今日、格闘して作った舞台美術を処理場に捨てにいって、捨てて、目の前でバリバリと大きなブルドーザーがそれを木っ端微塵に噛み砕いていく……その様子を見ながら、またかみしめました。
演劇は風。人生もまた風なのかも。

見てくださった皆さん、ありがとうございました。
協力してくださった皆さん、ありがとうございました。
またやります。よろしくお願いします。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.35No.34No.33No.32No.31No.30No.29No.28No.27No.26No.25