忍者ブログ
 
戯曲の講読、上演許可の連絡などは office白ヒ沼 までどうぞ。
2019.06│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
16 18 19 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
プロフィール
HN:
白ヒ沼
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
フリーエリア
ositani真剣上品芸術演劇団の「さなぎ」という作品が今日、本番をやっと迎える。
昼ノ月「顔を見ないと忘れる」では私のシゴキを受けてくれた女優押谷裕子が、こんどは演出押谷裕子となって役者の私をしごく。そんな日々だった。それがいよいよ、明日と明後日には終わる。
長いようで短いような、そしていつの間にか、夢中になってやってる間に冬は終わり、……冬の終わりはよくわからないうちに、今年の冬はもう終わってしまう。
自分の台本をきちんと上演の形式に立体化するのは初めて、という彼女の脚本家デビュー、演出家デビューなのだ。私は緊張する。自分のその時期のことを思うと、そりゃもう途方もなく緊張したものだからだ。
もちろん舞台では私が緊張して演じている。
しかし客席の後ろの暗闇ではデビューの演出家が負けないくらい緊張していることを、気づかれないように。リラックス、リラックス、押谷。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.34No.33No.32No.31No.30No.29No.28No.27No.26No.25No.24